【緊急・保存版】迫る超巨大地震。手遅れになる前に、 “もしも・・”の『第2のフクシマ』(放射能汚染)からわが子の命を守る【驚きの、野菜”除染“方法。】(主婦でも有害物質を除去するための“超カンタン”プランター編)

販売価格:2,980円

販売者名:高橋 敏仁

商品詳細:「超」巨大地震発生の<前兆>ともいえる現象が、
日本全土で”これほど“頻発する中、
一刻も早く、懸念される「第2の原発(放射能)災害」への備えを
【今のうちに】おこなっておくことは、
『あのフクシマ』を経験した日本人にとって、喫緊の課題かと思います。

●“放射能を消した”(世界が注目する)日本人科学者が、この日本にいることを
 まだ、ほとんどの日本人は、知りません。

フクシマの除染活動もじっさいに行い、相応の成果をあげてきた
この人物との出会いを通じ、
直接学んだ「除染」ノウハウを、一般の主婦のみなさんでもできるよう、
わかりやすく解説し、(除染の)手順をステップ化したものが、本商品になります。

ベランダの野菜や植物に付着した放射能は、これまでは簡単には消せませんでした。
ですが、「この野菜除染方法」なら、放射能だけではなく、その他の有害物質まで
だんだん「消し去る」ことができます。

たとえ、この国のどこかで(また)ゲンパツ災害が起こっても・・・
わが子や家族の<いのち>を、「放射能の悪夢」からまもり、
野菜や植物を育て、食する毎日のよろこびを、
(これまでどおり)維持していくために、 

また、日本中の「国土」を浄化していくためにも、
いそがしい主婦でもできる この”超“カンタンな除染方法は、
ちからを発揮してくれます。

用意するものも、その方法も、いたってシンプル!

ベランダの上に敷いたミニサイズのブルーシートやレジャーシートの上に、
安価な(あるいは無料の)”米ぬか“を適量用意し、
約●●●倍に希釈した「ある資材」(A)をふりかけて発酵させます。<B>
(夏は2~3日で発酵完了)

その発酵肥料<B>と、<A>を、プランターの野菜(植物)と土に、
「約10日に1回」散布し、土にはブレンドしてあげるだけ。

このカンタンステップなら、家庭菜園をたのしむほとんどの日本人が
「できる!」
とおもいませんか?

「西日本豪雨」で被災したじぶんにとって、
災害が発生している渦中、まさに「緊急時」には、
冷静な判断ができなくなるばかりか、真逆の行動に出てしまうリスクもあることが
しみじみ、わかりました。

<万が一>の場合に備えられるのは、まだ余裕のある
“いまのうちに”、しかありません。

★当商品【野菜・植物などの”除染“方法】は、
「放射能を消した人物」(日本人科学者)直伝!の方法<台湾政府公認>です。

しかも、

★超いそがしい主婦のみなさんをはじめ、時間に余裕がない方向けに、
 各家庭内で、実践可能な「カンタンステップ」にまとめあげています。

★ささっと、<あるもの>をふりかけて、とてもカンタンな<あること>を
 たまにくりかえすだけで・・・
 放射能だけではなく、免疫力のないこどもたちにとってキケンな
 その他の”有害物質“まで、
 「消去」できる、という点も強調したいポイントです。

さらに、

★【低価格】であるため、より多くの購入者を望めると思います。
 いま、プランター栽培や家庭菜園をたのしんでいる世帯は、
 日本人の約半数にも達しているため、
 訴求対象層に着実にアピールしていけば、
 一定の「成果」をあげることが期待できるものと確信します。

この方法を知っているかどうか。
あなたや私の「運命」をふくめ、これから世界を主導していくこころある日本人
の根っこを絶やさないためにも、
この“一生を左右する”【除染マニュアル】を、
ひとりでも多くの「同志」のみなさんへ届けてやっていただきたいです。

★そのうえ、実りがよくなる「肥料効果」まで約束できる
 <一石三鳥>の驚きの効果!
  も、家庭菜園している主婦層には、はずせない「有効打」になるかと。

●爆発したフクシマ原発からの放射性粉塵が、遠くは高知県の山間の田んぼまで
 降り注いだことがわかっている中、
 万が一、日本のどこかで、「巨大地震➡ゲンパツ災害」という悪夢の再来が
 発生した場合、
 「西」「東」を問わず、放射能はかなり広範囲に拡がる可能性があります。

●『第二のフクシマ』 は、あす、やってくるかもしれないのです。


【緊急・保存版】迫る超巨大地震。手遅れになる前に、 “もしも・・”の『第2のフクシマ』(放射能汚染)からわが子の命を守る【驚きの、野菜”除染“方法。】(主婦でも有害物質を除去するための“超カンタン”プランター編)